2008年01月31日

釜山の街角にて

今日もまた、韓国・釜山での話です(笑)
以前紹介したとおり、韓国の小鳥屋さんでは鳥をかごにぎゅうぎゅう詰めにします。
そして、寒い中でも平気で外に出しておくのです。

それはソウルだけではなく、釜山でもそうでした(涙)

釜山の街を歩いていたら、一軒のペットショップがありました。
店の前には鳥籠がいっぱい…。
DSC07081.JPG

釜山はソウルと比べると比較的暖かい、とはいえ、冬なので結構冷え込んでいました。
でも鳥さんは外…。
DSC07082.JPG

寒かったけど、文鳥はそこまで寒そうにはしていませんでした。
DSC07084.JPG

セキセイインコも元気いっぱい(苦笑)
ヒナの頃から鍛えられているからでしょうか…?
でも、えさはムキ餌、水入れの隅にはコケ、そして籠の底はフンと飛び散ったえさなどのゴミだらけで掃除が行き届いていない…などなど、なんだかかわいそうな感じがしました。
DSC07083.JPG

よく見るとカナリアも同じようなかごに入れられて、外に出されています…。
インコはかごの底のごみをはがして遊んでいました(苦笑)
DSC07086.JPG

最近は韓国でもペットを飼うのがブームになっているようですが、小鳥の地位はまだかなり低いみたいです(涙)
韓国では小鳥のえさってムキ餌しか売っていません。
日本のキクスイさんのような小鳥のえさ専門店なんて、韓国では考えられないようです…。


少しおまけ(笑)
釜山と言えばココ、の「釜山タワー」
DSC07058.JPG

きまぐれかもめが行った時は、上空に虹虹がかかっていました。
DSC07065.JPG


はる:韓国の鳥さんって丈夫だな…たらーっ(汗)
DSC08786.JPG



ニックネーム きまぐれかもめ at 01:22| Comment(2) | 韓国の鳥さんたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
凄い!。
なんて逞しいんでしょう!。

だってセキセイや文鳥なんて羽を膨らましてもいないですよねー。

あーなんて21℃で肩からわき毛がはみ出すほどモワってなってるんですけど・・・。(軟弱すぎと言う話も・・・)

家の軟弱王子に比べれば、はるちゃんもチィも数倍暑さ寒さに強いです。
やっぱりトリマタクラブの面々は
あーとかを見て「最近の若い子は・・・」とか囁きあうんでしょねw。
Posted by ハル at 2008年02月02日 17:35
セキセイも文鳥も、ヒナの頃から鍛え上げればこのくらい丈夫に育つんでしょうね(←良い飼い主は決してまねをしないでください)

トリマタクラブのお茶会って、想像しただけで何か笑ってしまいます。
粟穂をつまみながら「最近の若い子は…」なんていろいろと話をするんでしょうね(笑)
Posted by きまぐれかもめ at 2008年02月03日 02:52