2009年05月19日

廃棄物処理法違反かよ…

山形の用水路で、123羽もの大量のハトの死骸が発見された、なんてショッキングなニュースが飛び込んできました。

以前も似たようなニュースがありましたが、そのときは、ハトが飛べないように翼の先端をカットした上で、河川敷に放棄されていました。
飛べないので、発見が遅れたら猫やカラスに襲われていた可能性も高いですけど、一応生きたままではありました。

しかし、今回は…むかっ(怒り)
ハトの首をしめて殺した上、足を切断して(←身元がばれる足環をはずすためらしい)用水路に遺棄したようなのです。
この不景気のご時勢なので、たくさんのハトの世話をするのは大変かもしれませんが…。
だからといってこんなひどいことをするなんて…パンチ

で。
ハトを殺して用水路に捨てても廃棄物処理法違反(不法投棄)ってのは…むかっ(怒り)
もちろん、動物愛護法違反にもなります。
でもそれだけ…。
動物だって人間と同じ命があるのに、あまりにも軽すぎです。

犯人(飼い主?)がつかまっても、罰金で終わりなんでしょうね…。

ハトにつつきまくられる刑、なんてのがあれば良いのに…。

DSC06667.JPG
上の写真のハトは、のんびりくつろいでいる姿です(笑)
虐待されて瀕死の状態、なんてことはありませんので…。


はる:犯人のヤツを、簀巻きにして用水路にぶち込んでもいい?
DSC06746.JPG

ニックネーム きまぐれかもめ at 03:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント