2009年06月11日

今日も鳩ネタ

と言っても、韓国の鳩の話です。

韓国で、鳩を有害野生生物に指定、なんてニュースを見つけました。
確かに韓国には、鳩がいっぱいいます(笑)
でもって、日本ほど「鳩にえさを与えないで」が徹底していないから、とりぱんし放題(笑)
かく言うきまぐれかもめも、韓国(ソウル)に行った時は、南山韓屋村の池のほとりで、鳩とスズメに食堂からくすねたパンの耳をまくのが、一日の始まりだったりするのです。

群山の公園や釜山駅前などには、立派な鳩小屋が設置されていたりして…。
カテゴリ「韓国の鳥さんたち」で、何度か韓国の鳩事情について取り上げたことがあります。

本当に韓国には鳩が多いです。
ここは釜山の龍頭山(ヨンドゥサン)公園ですが、鳩だらけ(笑)
DSC05274.JPG

韓国の英雄、李舜臣(イ・スンシン)将軍も鳩まみれ(爆)
DSC05303.JPG

足元は鳩たちの格好のくつろぎ場所になっています。
DSC05305.JPG

釜山タワーの展望台から、真下の広場を見下ろしてみると…。
真ん中の円形の中心に立っているのが李舜臣将軍像、その右あたりをじっくりと見てみると、鳩がたくさんいるのが良くわかります(←小さな点がすべて鳩)
DSC05281.JPG

もちろん釜山タワーにも鳩がたかっています(笑)
DSC05301.JPG

公園内にあるあずまやの屋根にも鳩、鳩、鳩…。
DSC05309.JPG

とにかく、どこに行っても鳩がいっぱい(笑)
釜山の駅前も我が物顔で鳩が歩き回っていました。

ちなみに、韓国ではカササギも有害生物だったみたいです(↑のリンク先のニュース参照)

こんな風に、鳩が有害生物に指定されてしまうと、韓国でも「鳩にえさを与えないで」ってことになるんでしょうね…。
まあ、もしも韓国語で「鳩にえさを与えないで」なんて看板があったとしても、きまかもは都合のいいときだけ韓国語が読めないから…(爆)
なんて、きまかもとりぱんスポットの、南山韓屋村は日本人もよく来るから、間違いなく看板には日本語表記が添えられそうな気が…。
浅草の雷門前には、日本語・英語・韓国語・中国語の4ヶ国語表記のインターナショナル版「鳩にえさを与えないで」看板があったりします。

はる:ソウルオリンピックのときの、聖火台でのハト丸焼き事件って知ってる??
あれ以来、オリンピックの開会式で本物のハトを飛ばさなくなったような気がするんだけど、気のせいかな?
DSC07014.JPG

ニックネーム きまぐれかもめ at 02:49| Comment(0) | 韓国の鳥さんたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント