2009年07月02日

今日は半夏生(はんげしょう)だけど…

7月2日は半夏生です。
夏至から数えて11日目にあたる日のことで、農家の方にとっては大切な日なんだそうです。
で、この日にタコを食べると夏ばてしない、何てことも言われているそうですが…。
これは土用の丑の日にうなぎを食べる、ってのと似たかよったかな、水産業者の陰謀でしょう(笑)
もともと、半夏生の日にタコを食べるのは、関西地方の風習みたいですし…。

なんてことはさておき。

さかのぼること数日、6月30日は夏越の祓(なごしのはらえ)の日でした。
茅の輪をくぐって、半年間の穢れを清め、無事に夏を越せるように祈願する日です。

とゆーわけで、このところ災難続きなきまぐれかもめも、近所の神社で茅の輪くぐりをしてきました。
DSC07123.JPG

茅の輪は、蘇民将来とスサノオノミコトの故事に由来するそうです。
DSC07124.JPG

はる:夏越の祓、って古典文学によく登場するよね。
またの名を水無月祓(みなづきはらえ)、とも言うけど…。
紙を切って作った、人形(ヒトガタ)に息を吹きかけて、体をなでたものを川に流して穢れを祓う行事だよ。
さらに京都のほうでは、水無月と言う、小豆を使った和菓子を食べるんだってさ〜。
小豆には悪いものを寄せ付けないパワーがあるんだって。
DSC07161.JPG

ニックネーム きまぐれかもめ at 03:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント