2009年07月24日

世紀の天体ショー

7月22日は皆既日食の日でした。
今世紀最大の天体ショー、ということでわくわくしながらその日を待っていたのですが…。

残念ながら当日は朝から雨(涙)
厚い雲が垂れ込めて、日食観測は難しそうな、嫌なお天気でした雨
皆既日食はテレビで見るつもりでしたが、この日は東京でもかなり欠ける率が高い部分日食が観測できる、ってことだったのに…もうやだ〜(悲しい顔)

なんて、恨めしげに空を眺めていたら、だんだん雲が薄くなってきました。
しかも食が最大に近い時間帯で、です。
DSC07357.JPG

そして、奇跡が…晴れ
DSC07363.JPG

ほんの一瞬、雲が絶妙な厚さになり、フィルターなしで欠けた太陽を撮影することができたのです。
そこには三日月三日月のような太陽の姿がありました。

本当に、奇跡のシャッターチャンスでした。

さすがにこれだけ太陽が欠けると、ほんの少し薄暗くなったような気がしました。
皆既日食のときみたいな真っ暗、ってほどではありませんが、日食のあいだは何か薄暗かったのは確かです。
DSC07364.JPG

日食のときには動物たちがいつもと違う行動を起こす、なんて話をよく聞きますが、うちのはるちゃんは普段とまったく変わりませんでした…。

はる:きまかものヤツ、日食グラス眼鏡を準備してなかったんだよな〜(汗)
だから、あれほど「直接太陽を見ないように」ってしつこいくらい言われていたのに直接太陽を見てしまったんだよね。
雲がかかっていたから大丈夫…なわけないのに。
良い子は絶対にきまかものマネをするなよ〜がく〜(落胆した顔)
DSC07332.JPG

ニックネーム きまぐれかもめ at 02:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント