2007年06月02日

最近少々ヘコミ気味です。

この前もぼやきましたが…。
実はきまぐれかもめはまだ虫歯と格闘中ですもうやだ〜(悲しい顔)

で。
神経にさわってるのを少しづつなだめながら治療しているようなのですが…。
病院は週1回。
次の診療日まで仮止めの詰め物で耐えないといけません。
これがまたすぐ外れそうで怖いあせあせ(飛び散る汗)(←現に前回は5日目で外れてしまいました…)
なので、恐る恐るご飯を食べたり歯を磨いたり…。
実に不便です。
ついでに、神経の炎症を抑えるため?に詰め込まれている薬がこれまた気持ち悪い(苦笑)
おかげで何も食べられません。

まあ、それだけが原因ではないと思うのですが。
何か最近みょーにへこんでますバッド(下向き矢印)

しかし、へこんでどん底気分なのはきまぐれかもめだけ(笑)
はるちゃんはいたってご機嫌です。
換羽期なので、少々頭がとげとげですが(笑)

DSC02595.JPG

はる:だからさっさと歯医者に行けばよかったのに…。ホントどーしよーもないんだから〜。
DSC02588.JPG


何にも食べられない腹いせに?
きまぐれかもめが大好物な、季節の味覚を貼り付けてしまいます(爆)
その名も「若鮎」、初夏の和菓子です。
ドラヤキの皮みたいな生地の中に、求肥とあんこが入っています。
う〜食べたい…あせあせ(飛び散る汗)
DSC02463.JPG


ニックネーム きまぐれかもめ at 02:21| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

痛い話

といっても、痛い目にあったのはきまぐれかもめですが…。

実はかなり前から虫歯がありました。
で、時々痛むことがあったのですが、実はきまぐれかもめは大の歯医者嫌いなので、鎮痛剤を飲んでずーっとごまかし続けてたのです。
しかし…。
ついに限界を超えてしまったらしく、夜寝てたらあまりの激痛で飛び起きるはめに…。

仕方ないので、あきらめて病院に行くことに…。
案の定、かなり奥までムシが食ってて、それが神経にさわってしまってるんだそうです。
だから痛いもうやだ〜(悲しい顔)
当然の事ながら、容赦なくほじくられました。
もちろんちゃんと麻酔してからほじくるのですが…。
その麻酔注射したあとも痛い…たらーっ(汗)
ここまでひどくなる前にちゃんと病院に行かないと、って深く反省したきまぐれかもめですふらふら
でも歯医者キライ〜たらーっ(汗)

余談ですが。
バードカービングではグラインダーという機械を使って木を彫る場合があります。
グラインダーって実は歯医者のドリルと似ています(←仕組みは同じ)
なので…。
きまぐれかもめはグラインダーが使えません(爆)
だって歯をほじくられているみたいだから〜。


はるみ:ねえ、虫歯って何?おいしいもの?
DSC02607.JPG
そんなに痛いんだったらさっさと病院に行きゃいいのに〜。
ほんとーにおばかなんだから〜むかっ(怒り)
DSC02588.JPG
ニックネーム きまぐれかもめ at 01:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

「さすらいバード飛ばし」で遊ぼう

実はきまぐれかもめってブログパーツ(ブログアクセサリー)が大好き。
何か面白そうなのを見つけると、すぐ設置してしまいます。
だからこのページは重たくって開けづらいんだよむかっ(怒り)ってツッコミはなしでお願いします…。

さすらいペットのはるみにブログペットのかるめぎ、そしてキャロルたち…。
とまあ、必要以上に(?)にぎやかなのですが。
そこにまた新しいお友達を増やしてしまいました(爆)

今度のお友達はこんせんくんさすらいバード
さすらいバードとさすらいペットは全く別物です。

こんせんくんとは。
きまぐれかもめの家がずーっと前から加入している某生協のキャラクターです。
「ランダム」をクリックすれば、こんせんくんがいろいろな表情を見せてくれます。

さすらいバードは。
カーソルを合わせたときに出る文字が、なぜか化けてしまってますがあせあせ(飛び散る汗)
本当は「飛ぶかもしれません」なんです。
巣の中にいる鳥にカーソルを合わせ、クリックすると…。
謎の鳥が飛び出します。
で、ブログ内をふわふわ飛び回る…。
もしかしたら少しうっとうしいかもしれません(笑)
でもなんか楽しい。


はるみ:今日出番無しかよむかっ(怒り)
DSC02233.JPG
ニックネーム きまぐれかもめ at 02:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

長崎の動物達一挙公開!

などと大げさなタイトルをつけてしまいましたがあせあせ(飛び散る汗)
長崎旅行で出会った?いろいろな動物達を紹介します。

まずは長崎といえば、の大浦天主堂。
DSC01423.JPG
そのすぐ脇にある、教会の駐車場にいたわんこ犬です。
次々と訪れる観光客を、薄目を開けてみてる姿がなんとも言えません黒ハート
DSC01416.JPG

続いて。
長崎には、こんな風情のある水路のある風景もあります。
DSC02136.JPG
もちろんその水路にはお魚が…魚
丸で囲ってある部分をよく見ると、ふぐがいます(笑)
写真を撮ろうとしたら逃げられてしまいましたが、他にもうなぎ(!)にぼらなどの魚魚が悠々と泳いでいました。
DSC01526.JPG

グラバー園内にはこんなカメカメが…(笑)
幻の巨大亀発見!でわなくって、カメの石像の上で甲羅干しをしているカメ君カメたちです。
DSC01988.JPG

そして、長崎を語る上で避けて通れないのは原爆
平和公園にも行ってきました。
DSC02110.JPG
平和公園にある「平和の泉」の噴水は、平和のシンボルである鳩が翼を広げたかたちをかたどっているそうです。
DSC02113.JPG
もちろん本物の「平和のシンボル」もいました。
鳩:やっぱり平和が一番!
DSC02000.JPG


はる:長崎の話題もいいけどさ〜むかっ(怒り)
   あんまし出番がないと忘れ去られてしまいそうなんだけど〜むかっ(怒り)
DSC02246.JPG


ニックネーム きまぐれかもめ at 03:11| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

テンション下がりっぱなし…

…なのは、はるちゃんではなくってきまぐれかもめのほうです(苦笑)

実はきまぐれかもめは、結構ひどい花粉症だったりしますもうやだ〜(悲しい顔)
なので、毎年この時期になるとくしゃみ、鼻水、涙目…。
ついでに鼻のかみすぎで、鼻の下が真っ赤になってひりひり…。
とにかく、最悪の一言に尽きます。

とゆーわけなので…。
なんかここんトコテンション下がりっぱなしバッド(下向き矢印)で、ブログを更新する気力がありませんたらーっ(汗)

はるちゃんはちゃんと元気にしています。
相変わらずのわがまま&ぜーたく三昧な日々を過ごしてたりして…。

最近はハコベをあげても、花とつぼみしか食べません(苦笑)
葉っぱの部分はほんの少しだけかじって、後は見向きもしないのです。
なんちゅーゼータク鳥…。

はる:人間には花粉症なんて、ヘンな病気があるんだな〜注射鳥でよかった(爆)
DSC09684.JPG



ニックネーム きまぐれかもめ at 02:24| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

何か、どこか、おかしい…

今日はまったりと親ばか話でも…と思っていたのですが、どうしても言いたいことがあったので、きょうも時事ネタです。

今日のネタは、例の崖っぷち犬の話です。

崖っぷち犬とは、おそらく今、日本で一番有名な犬ではないでしょうか。
崖に取り残されて、行き場を失ってしまっていた犬を、地元の人たちと消防のレスキュー隊が救助するシーンは、テレビで全国に生中継されました。
無事救助された犬は通称「崖っぷち犬」という名前がつき、一躍全国区に。
そして、地元の動物管理センターに保護され、だいぶ人になれてきたところで、無事新しい飼い主に引き取られていきました。
これでめでたしめでたし、という「美談」です。

しかし…。
このニュースを聞いたきまぐれかもめは、強い怒りを感じてしまいました。

テレビで報道された効果もあってか、この崖っぷち犬には全国から引き取り希望者が殺到したそうです。
誰かに引き取られないと、殺処分されてしまう、という一言がきいたんでしょうね。
しかし、引き取るためには直接センターまで出向かなければならない、という条件があるので、結局当日訪れたのは11組の人たちでした。
そして、抽選の上、新しい飼い主を選びました。
抽選に外れた人の中には、思わず泣き出してしまう人まで現れたそうです…。

だけど、同時期に保護された「崖っぷち犬の姉妹と思われる犬」の引き取り希望者はひとりもいませんでした。
この日、センターに来た引取り希望者達って、単に「世間で話題の崖っぷち犬」を飼ってみたいのであって、「犬を飼いたい」というわけではなかったようです。

全国では毎年、何十万匹という犬たちが、殺処分されています。

たった一匹の「有名な犬」には引き取り希望が殺到しますが、それ以外は見向きもされません。
どうしても犬を飼いたい、と思ってきたのに、抽選に外れて残念がるなら、別の犬をつれて帰ればすむことです。
「うちの子は例の崖っぷち犬の姉妹だ」とか、「崖っぷち犬と同じセンターから引き取ってきた」というのでも、十分に話題性があって自慢できると思うのですが…。
まだまだ長くなりそうなので、続きはここから。
ニックネーム きまぐれかもめ at 15:16| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

映画『あなたを忘れない』に思うこと

日韓合作映画『あなたを忘れない』という作品が公開されました。

今から6年前の01年1月26日、東京の新大久保駅で線路に転落した人を助けようとして命を落とした、韓国人留学生・李秀賢(イ・スヒョン)さんをモデルにした映画です。
実話を基にしたフィクション」ということで、事実とは異なる脚色が加えられているそうですが、大部分のエピソードは実話に基づいているそうです。
異国の地で、見知らぬ人を助けるために命を落とした、勇気ある韓国人青年の短い生涯をつづった「感動の作品」ということなのですが…。

新大久保駅で転落した人を助けようとして亡くなったのは李さんだけではありません。
日本人のカメラマン・関根史郎さんも一緒に犠牲になりました。
でも、新大久保の事故を語る際、ほとんど関根さんは出てきません。
関根さんのご遺族の「そっとしておいてほしい」というご意向をうけて、あまりとりあげないようにしているのかもしれませんが…。
だからといって「勇気ある韓国人留学生だけが線路に転落した人を助けた」という「物語」をあたかも事実のように描いた映画を作るのはどうかと思います。

別にきまぐれかもめは、関根さんと面識があったとか、知り合いだったとか言うわけではありません。
単に愛読しているペット雑誌「アニファ」の専属カメラマンだった、ただそれだけです。
ペット雑誌ですから、もちろんモデルは鳥や動物たちです。
カメラを構える関根さんの、優しい人柄を感じ取ったのでしょうか、どの写真を見てもモデルの子達は穏やかな、のびのびとした良い表情を浮かべています。
かなり入手困難、とは思いますが、アニファの01年4月号以前のバックナンバーを手に入れれば、関根さんの写真を見ることができます。
改めて見直してみましたが、本当にいい写真がいっぱいです。
そして、事故が起きた日は、奇しくもこの雑誌の発売日でした…。

そんな関根さんのことも忘れないで欲しいのです。

「あなたを忘れない」ではなくって「あなたを忘れない」なのです。
ニックネーム きまぐれかもめ at 17:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月02日

謹賀新年

気がついたら2日になってしまいましたが…(苦笑)

鏡餅あけましておめでとうございます鏡餅
新年第一号のはるちゃんは、おめでたい(?)だるまさんスタイルです(笑)
DSC09326.JPG


何とか年賀状は年が明ける前に投函することが出来ました(苦笑)
いろいろとぼやきつつ、自分の分だけは手の込んだデザインにしていたりして…。

毎度おなじみの(?)きまぐれかもめの韓国語講座(笑)
韓国語の新年のあいさつは「セヘポンマニパドゥセヨ」です。
ここはハングル入力ができないので、ハングルの綴りが気になる方はこちらをどうぞ。
直訳すると「新年の福をたくさんお受け取りください」という意味になります。

ソウルで見つけた、銀行の新年のあいさつの垂れ幕。
お客様に対しての挨拶なので、より丁寧な「セヘポンマニパドシプシオ」という表現になっています。
ちなみに。
左側の男性はドラマ「チャングムの誓い」でミン・ジョンホを演じていた俳優のチ・ジニです黒ハート
DSC07896.JPG

韓国ではよく見かけるカササギ。
我ながらよく撮れた、って思った写真なので、年賀状の素材にしました。
韓国ではカササギは縁起のいい鳥なんだそうです。
DSC08594.JPG




ニックネーム きまぐれかもめ at 02:54| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

金の豚

今回は残念ながら(?)こんなできごとに巻き込まれることもなく、ちゃんと帰国しました。

何回か日本に電話をして、はるちゃんの様子を確かめたところ「思いっきりすねてる」とのこと…たらーっ(汗)
うちに帰りついたのは夜遅くだったので、そっと様子を確かめるだけにしておき、次の日の朝はるちゃんにご挨拶…。

やっぱりすねていましたあせあせ(飛び散る汗)
声をかけても「アンタ誰?」って顔をして、上目遣いにじーっと見つめるのです。
はるちゃんのご機嫌がなおるのには、まだしばらくかかりそうです(苦笑)


話変わって。
韓国では、来年の2007年は600年に一度の金のブタ年ぴかぴか(新しい)で、とても運のいい年なんだそうです。
だからあちこちに金色のブタさんぴかぴか(新しい)が…。

DSC09207.JPG

DSC09218.JPG

なぜブタなのか。
韓国でも日本と同じ十二支なのですが、亥年だけは動物が違って、イノシシではなくブタなのです。
イノシシを家畜化したのがブタですから、一応親戚ではありますけどね。
確かにイノシシよりも、ブタの方が親しみを感じます(←それは単にきまぐれかもめがでぶだからだろー byはる)


ニックネーム きまぐれかもめ at 17:48| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

きまぐれかもめは…

どっかに飛んでいってしまいました。

お願いです、探さないで下さい(爆)


はる:どーせ行き先はいつものところだろーけどさ…。
DSC07509.JPG
ニックネーム きまぐれかもめ at 23:31| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

バルタン星人(?)

バルタン星人はゆうパック郵便局できまぐれかもめ家にやってきました(笑)
DSC07725.JPG

この謎の生物の正体がすぐにわかった人は、相当な甲殻類マニアか、九州出身の方のどちらかでしょう(笑)
DSC07726.JPG


バルタン星人の正体は、ウチワエビというエビの一種です。
長崎で漁師をやっている親戚のうちから生きたまま送られてきました。
箱を開けたらびったんびったん跳ね回っていたのです…。

ちなみに、見た目は不気味ですが、味は最高です。
スペシウム光線でたおされたバルタン星人みたいに(笑)二つに割って、塩茹でにしていただきます。
味噌汁の具にしてもおいしかったりして…。
実はイセエビよりもおいしい、なんて話もきいたことがあります。
DSC07729.JPG

年賀状鏡餅の素材にいかがですか(笑)
一応は海老ですから、めでたいと思います…。
でも、こんな海老写真の年賀状が届いたら怖いかも(爆)
DSC07731.JPG
ニックネーム きまぐれかもめ at 03:25| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

かもめはカルメギ

突然ですが、韓国語講座の時間です(笑)
DSC09371.JPG

「かもめ」は韓国語で「カルメギ」といいます。
ブログペットの名前「かるめぎ」はここから来てます。
なぜ、とーとつにこんな出だしかというと…。


別ブログ(きまぐれかもめのサランヘ♪韓国)で、面白いネタを拾ったので(笑)

なんと韓国には「カルメギ」という料理があるそうです。
「モミチョッタ(体に良い)」食材が大好きな国ですから、カモメ料理もありあり???
海で捕まえたカモメの羽をむしり、こんがりと丸焼きにしたのが「カルメギ」です。

なんてのは真っ赤なウソ(笑)

本当のカルメギとは「豚の横隔膜と肝の間の肉」なんだそうです。
何かややこしい部位の肉です(笑)
別にカモメみたいな形をしているから「カルメギ」というわけではなく、「横隔膜肉」がなまって「カルメギ」になったらしいです。
カモメの丸焼きでなくって良かった(爆)


とゆーわけで。
韓国で見つけたかもめ(?)を紹介します。

これはソウル郊外の「水原(スウォン)」という町にある、華城行宮(ファソンヘングン)で見つけた、伝統的な楽器のひとつです。
ぶら下がっている鉄のかたまりを叩いて演奏するそうです。
注目するのは下のほう。
なんと柱を支えているのはかもめです。
DSC02156.JPG

本当は、あひるだと思うのですが(苦笑)
でも、かもめに見えました。
くどい位書き込んであるまつげがとってもかわいいです。
DSC02158.JPG


余談。
この華城行宮では、ドラマ「チャングムの誓い」の撮影が行われたそうです。
だからこんなのがありました(笑)
等身大より少し小柄なチャングムです。
DSC02131.JPG
ニックネーム きまぐれかもめ at 02:42| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

まぢ、鳥臭い!

実は最近、このCMにはまりまくってます(笑)
セキセイインコのシロちゃんが、あやしげなフレーズで「鳥臭い〜るんるん鳥臭い〜るんるん」と歌う、例の着インコのCMです。

あれって、鳥好きのツボをバッチリおさえてます(笑)

鳥臭い篇

モモモ太郎篇


いや、実に見事です。

まねして、はるちゃんにも「鳥臭い〜」って教えてみたのですが、思いっきり無視されました(苦笑)


ついでにもう1つ。
キムタク主演の映画『武士の一分』の公式サイトで、と〜ってもかわいい文鳥のデスクトップツールを配布しています。

枝に止まった文鳥が、ちょこちょこ歩き回ったり、飛んでまわったりするのです。
この動きが実にリアル。
もちろん無料ですので、興味のある方はどうぞ。

しかし、ひとつ気になる事が…。
この映画、江戸時代が舞台の時代劇なのに、飼っている文鳥はなぜかシナモン文鳥(笑)
確かに、シナモンって渋くって、和風な色合いですが…実は比較的新しい品種です。
江戸時代にはノーマル文鳥に白文鳥しかいなかったはずですけど…。

そーゆー、細かい事にはこだわってはいけないんでしょうね(苦笑)



ニックネーム きまぐれかもめ at 03:02| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

運だめし?

面白いものを見つけたのでついつい作ってしまいました(笑)

その名もはるちゃんとお友達占い


このブログに登場した動物達をキャラクターにした占いです。
意外と当たる…かも(笑)

どうぞ楽しんでください♪



ニックネーム きまぐれかもめ at 02:25| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

今日は何の日?

突然ですが、今日10月24日は何の日でしょうか?

答えは「文鳥の日
文鳥をこよなく愛するフリーライターのりんださんが登録した、新しい記念日です。

10月24日を語呂あわせで読むと「てにしあわせ(手に幸せ)」なんだそうです。
10を英語のテンと読み替え、てに(10と2)し(4)あわせと読むそうです。
確かに、手乗り文鳥は幸せを感じます(笑)


102401.JPG

これは文鳥の日のロゴマークです。
1・0・2・4の4つの数字で描く事ができるんだそうです。

まだまだ知名度が低い記念日ですが、多くの人に知ってもらいたい、幸せの日です。

なお…セキセイインコの日、あるいはインコの日はまだないみたいです。
誰か作ってくれないかな〜(笑)
ニックネーム きまぐれかもめ at 03:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

気になる出来事。

今、このニュースがネットをにぎわせています。

http://www.j-cast.com/2006/08/21002622.html

映画化もされた「死国」「狗神」などの作品で知られる、作家の坂東眞砂子が、自分の家で生まれた子猫を日常的に、崖から投げ落として殺している、というエッセイを平然と発表したんだそうです。

もともと、この坂東眞砂子という作家は、そこまで好きではなかった(どっちかというと苦手な部類に入る)のですが、このニュースを知って、殺意を覚えてしまいました。

自分の家で飼っている猫に不妊手術をせず(猫が言葉を話せたら、そんなことを望むはずが無い、という理由らしい)好き勝手に子供を作らせておきながら、いざ子猫が生まれたら崖の下に投げ落として始末している、ということをどこか得意げに書いているのです。

猫が言葉を〜云々というなら、投げ捨てられた子猫たちの言い分はどうなる、って思います。
子猫たちこそ「殺さないで、投げ捨てないで」って言ってるんでは…。
さらに、せっかく生んだ子猫をとりあげられて、なおかつ投げ捨てられた母猫たちも「私の子供を返して!」って言っているのではないでしょうか。

猫の避妊手術をしないなら、生まれてくる子供達を、すべて責任もって面倒見る覚悟が必要なはずです。
避妊手術はしない、子猫の面倒も見ない、あまりにも無責任すぎです。

この作家、いったい今まで、何匹の猫を平然と投げ殺してきたのでしょうか…。
人を平気で殺す系の、気持ち悪いホラー作品ばかり書いてきたので、現実と作品世界の区別がつかなくなってしまったのかもしれません。

坂東眞砂子作品の不買、不読でもして抗議するくらいしかできないのがつらいです。
もっとも、時々図書館から借りてきて読む程度の作家だったので、著書を持っていないのがせめてもの救いです。
書店でこの作家の本が平積みされてたら、さりげなく他の作家の本を上にのせて、人目につかないようにする、その程度のことしかできません。

とりあえず、坂東作品は「読まない、買わない」に限ります。



ニックネーム きまぐれかもめ at 02:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

思い出話を少々…

実は、昨年の今頃は韓国暮らしをしていました。
別ブログ(きまぐれかもめの韓国通信)でちまちまと思い出話を書き綴っています(笑)

今頃は、韓国生活も半ばで、そろそろ折り返し地点…。
少しホームシック(?)気味だったりしました。
と言っても「うちに帰りたい〜」とか「日本に帰りたい…」と言った類のホームシックではなく、ただ単に

「はるちゃんに会いたいよ〜!!」と言うだけの話ですが(笑)

実際、一月近く韓国暮らしをしたにもかかわらず、帰国の日には「あ〜帰りたくない〜」ってぼやいていた位、韓国暮らしにはなじみまくっていました。
寂しかったのははるちゃんにあえないことだけです。

はるちゃんと1ヶ月近く離れて暮らさなければならないので、しっかりと写真を韓国まで持って行きました(笑)
もちろん、はるちゃんだけではなく、ぶんちゃん他のうちにいた子たちすべての写真も一緒に連れて行きました。
で、それらの写真を机の片隅に飾っていたもんだから、ルームメートから「ママさん」なんてあだ名をつけられてしまったりもしました(笑)
やっぱり、机の上に鳥の写真を飾ってある、なんて結構強烈な印象だったのかも知れませんね〜。


でもって、寂しくなった時は、学校の近所の店で飼われている、セキセイインコをよく眺めに行きました(笑)
店の2階のベランダにかごが置かれていて、中にセキセイインコが〜♪このときは黄色の子がいました。
DSC08514.JPG

その前に行った時は、はるちゃんとよく似た緑色の子もいたのです。
セキセイ特有の声で騒いでいたので、「あ、セキセイがいる〜♪」ってすぐわかりました。
DSC02034.JPG


そんな感じなもんで、授業でも、はるちゃんネタの例文を作ってしまったり…。
「〜だけど」と言うのがその日の課題でした。

他の人は「遊びに行きたいけど、宿題がいっぱいあって時間がありません」
「洋服が欲しいけど、お金がありません」
「おいしいものを食べたいけど、店が休みです」
などなど、いろいろな例文が飛び出してきました(もちろんすべて韓国語です)

そんな中できまぐれかもめは…。
「うちの鳥に会いたいけれど、日本にいて会えません」なんて例文を作ってしまいました(苦笑)
とっさに文を作る、ってなるとどうしてもすぐ本音が飛び出してしまいます…。
ニックネーム きまぐれかもめ at 18:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

またまたお友達(笑)

さすらいペットに引き続き、今度はブログペットもはるちゃんのお友達にしてしまいました(笑)

残念ながら、鳥がいなかったので、わんこです。
「かるめぎ」とは、韓国語で「かもめ」のこと…。
あちこち放浪して回っている「はるみ」と違って、いつもここにいます。
ブログを読んで、いろいろな言葉を覚える(?)そうです。
「かるめぎ」をクリックすると、謎の言葉をつぶやきます。
さすらいペットの「はるみ」同様、かわいがってやってください。


でもって、本物のはるちゃん(笑)

DSC15425.JPG

毎度おなじみのポーズをしています。

近くで雷雷がゴロゴロいっても、全く怖がりません(笑)
普通の鳥なら、少しぐらいおびえるもんじゃないの〜?

ニックネーム きまぐれかもめ at 02:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

新しい仲間(?)

「さすらいペット」なるものを発見したので、さっそくはるちゃんのお友達にしました(笑)

名前はもちろん「はるみ」(笑)
きまぐれに日本各地をさまようことになります。

で、まず手始めに「日帰りの旅」に行かせたら…。
なんと行き先は「尾崎行雄像前」
国会議事堂近くの、憲政記念館前にあるんだそうです…。
にしても、趣味が渋すぎかも(苦笑)

日帰りの旅から帰ってきて、次は少し遠くまで行くことになりました。
次の目的地は「京都・嵐山」
実は、きまぐれかもめのお友達が、京都に住んでいるのです(笑)
なので、お友達を訪ねて(?)京都まで行ってもらうことにしました。
と言っても、かなりきまぐれなようなので、同じ京都でも丹後半島のほうに行ってしまったら…と心配したのですが、ちゃんと京都市の方に行くみたいです(お友達の家も京都市)

自分ではなかなか旅に出られないけど、こーやってバーチャル旅行を楽しめる、ってなんだか面白いです。
今のところ、日本国内限定のようですが、そのうち海外にも行けるようになればいいな〜。

ニックネーム きまぐれかもめ at 23:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

虹の橋を知っていますか?

img015.jpg

虹虹の橋という話があります。

あきののはらさんから虹の橋の訳文をお借りしました。




虹天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。
この地上にいる誰かと愛しあっていた動物は、死ぬとそこへ行くのです。
そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。
食べ物も水もたっぷりあって、お日さまはふりそそぎ、
みんな暖かくて幸せなのです。


病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、
元のからだを取り戻すのです。
・・まるで過ぎた日の夢のように。


みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。
それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんが
ここにいない寂しさのこと・・。


動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。
でも、ある日・・その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに震えはじめます。


突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶように。
あなたを見つけたのです。
あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。


幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する友を優しく愛撫します。
そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど、
その心からは一日も消えたことのなかったその瞳を。


それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです・・・。

img016.jpg


虹けれど、動物たちの中には、様子の違う子もいます。
打ちのめされ、飢え、苦しみ、
誰にも愛されることのなかった子たちです。
仲間たちが1匹また1匹と、それぞれの特別な誰かさんと再会し、
橋を渡っていくのを、うらやましげに眺めているのです。
この子たちには、特別な誰かさんなどいないのです。
地上にある間、そんな人は現れなかったのです。


でもある日、彼らが遊んでいると、橋へと続く道の傍らに、
誰かが立っているのに気づきます。
その人は、そこに繰り広げられる再会を、
うらやましげに眺めているのです。
生きている間、彼は動物と暮したことがありませんでした。
そして彼は、打ちのめされ、飢え、苦しみ、
誰にも愛されなかったのです。


ぽつんとたたずむ彼に、愛されたことのない動物が近づいていきます。
どうして彼はひとりぼっちなんだろうと、不思議に思って。


そうして、愛されたことのない者同士が近づくと、
そこに奇跡が生まれるのです。
そう、彼らは一緒になるべくして生まれたのでした。
地上では巡りあうことができなかった、
特別な誰かさんと、その愛する友として。


今ついに、この「虹の橋」のたもとで、ふたつの魂は出会い、
苦痛も悲しみも消えて、友は一緒になるのです。


彼らは共に「虹の橋」を渡って行き、二度と別れることはないのです。


img014.jpg



虹今日は、文鳥のぶんちゃんが虹の橋へ旅立っていって、8年目の、5月16日です。




ニックネーム きまぐれかもめ at 15:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする