2009年07月20日

グルメ様

北海道の知り合いから、とりたて新鮮なメロンが届きました。
キングメルティーという、東京ではあまり見かけない品種のメロンです。
熟すスピードが速い=傷みやすい、と言うことで、北海道以外にはあまり流通していないそうです。
DSC07303.JPG

おいしいものと言えば、きまかも家一番のグルメ様(笑)
普段は果物には見向きもしないのですが、このメロンは目の色を変えて食いついてきました。
鳥のクセに…(苦笑)
DSC07315.JPG

はる:おいしいものだったら何でも食べるけど〜??
DSC07309.JPG

ニックネーム きまぐれかもめ at 14:54| Comment(0) | はるちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

浅草ほうずき市。

まずはどどーんと、いきなり雷門のちょうちんから(笑)
DSC07235.JPG


7月9日・10日の2日間、東京・浅草の浅草寺ではほうずき市が開かれました。
この2日間にお参りをすると、4万6千日お参りしたのと同じだけのご利益があるそうでして…。
DSC07248.JPG

境内では、威勢の良いおねえさんたちがほおずきの鉢植えを売っています。
DSC07237.JPG

残念ながら、今年は本堂が改修工事中だったので、例年と比べると少し活気がないような気がしました。
例年よりもほうずきのお店が少ないそうですし。
DSC07251.JPG

浅草寺境内の片隅には、童謡「鳩ポッポ」の歌碑があります。
以前は、この歌碑のすぐそばに鳩えさ売りの小屋があって、おばさんが袋入り100円、ひとつかみ10円と言うお値段で、はとのえさを売っていました。
いつもきまぐれかもめは、ひとつかみ10円のえさを買って、鳩と遊ぶのを楽しみにしていたのです。
DSC07244.JPG


でも、何年も前から「はとにえさを与えないで」キャンペーンが実施されています。
もちろん、その鳩えさ小屋も今は跡形もありません。
浅草寺にはとえさ小屋があった、なんてことを知らない人も多いかも…。
そのキャンペーンが功を奏したらしく、浅草寺の境内の鳩は激減、今ではほとんど見かけなくなりました。
DSC07231.JPG



おまけ。
浅草寺から少し歩いて、隅田川を渡ると、アサヒビールの本社ビルがあります。
そのビルの上にある謎のオブジェの写真でも(笑)
DSC07274.JPG

はる:このオブジェ、本当は「炎」がモチーフなんだってさ。
でも、色といい形と言い、どう見ても巨大なうフンこにしか見えないんだけど…(汗)
DSC07142.JPG

ニックネーム きまぐれかもめ at 02:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

今日は半夏生(はんげしょう)だけど…

7月2日は半夏生です。
夏至から数えて11日目にあたる日のことで、農家の方にとっては大切な日なんだそうです。
で、この日にタコを食べると夏ばてしない、何てことも言われているそうですが…。
これは土用の丑の日にうなぎを食べる、ってのと似たかよったかな、水産業者の陰謀でしょう(笑)
もともと、半夏生の日にタコを食べるのは、関西地方の風習みたいですし…。

なんてことはさておき。

さかのぼること数日、6月30日は夏越の祓(なごしのはらえ)の日でした。
茅の輪をくぐって、半年間の穢れを清め、無事に夏を越せるように祈願する日です。

とゆーわけで、このところ災難続きなきまぐれかもめも、近所の神社で茅の輪くぐりをしてきました。
DSC07123.JPG

茅の輪は、蘇民将来とスサノオノミコトの故事に由来するそうです。
DSC07124.JPG

はる:夏越の祓、って古典文学によく登場するよね。
またの名を水無月祓(みなづきはらえ)、とも言うけど…。
紙を切って作った、人形(ヒトガタ)に息を吹きかけて、体をなでたものを川に流して穢れを祓う行事だよ。
さらに京都のほうでは、水無月と言う、小豆を使った和菓子を食べるんだってさ〜。
小豆には悪いものを寄せ付けないパワーがあるんだって。
DSC07161.JPG
ニックネーム きまぐれかもめ at 03:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

ケロコロで遊ぼう♪

面白いブログパーツを見つけたので、またまた追加で貼り付けてしまいました(笑)

風邪にはコルゲンコーワ、でおなじみのカエルのキャラクター、ケロちゃんコロちゃんのスロットゲームです。
スタートボタンを押して、うまくカエルマークが三つそろうと…??

あとは見てのお楽しみです(笑)

はる:そういえば最近、薬局の店先にケロちゃんっていないよね〜。
で、実はきまかものヤツ、子供のころこのケロコロ指人形でよく遊んでいたんだってさ(笑)
しかも初代の指人形(驚)
てなわけで、きまかもの年齢は…(以下強制削除)
DSC07159.JPG

管理人注:初代のカエル指人形は、きまかも母がコレクションしていたんです…。
引越しのごたごたでどこかに行ってしまいましたが、捨ててはいないはずなので、探してみます。
何か懐かしいですよね〜(笑)
ニックネーム きまぐれかもめ at 03:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

動かない鳥さん…???

いきなりどアップでどどーんと登場(爆)
DSC07035.JPG

この鳥は、動かない鳥として(一部で)有名な「ハシビロコウ」です。
DSC07031.JPG


上野動物園の人気者で、いつ行ってもケージの周りには人がいっぱいいます(笑)
あまり動かずにじーっとしているから、撮影しやすいですし。
DSC07057.JPG

でも、先日、上野動物園に出没したときは、なぜかサービス旺盛で(?)うろうろと動き回っていました。
友人(韓国人)と一緒だったのですが、韓国の動物園にはこの鳥はいないらしく、興味津々(笑)
きまぐれかもめが「この鳥は動かない鳥で…」って説明しているすぐ横で羽ばたいてみたりお散歩してみたり…(汗)
あげく、植え込みの上を歩いている途中に足を踏み外す、なんてことまでしてくれました。
友人は「動かないなんてウソだね〜」と言いつつ、この鳥のことをえらく気に入ってしまったみたいでした。
DSC07056.JPG

横顔もとぼけた感じがして、すごくかわいいです。
DSC07036.JPG

はる:ハシビロコウって、あんな大きなくちばしだけど、あれって重くないのかな〜???
DSC07014.JPG

ニックネーム きまぐれかもめ at 02:42| Comment(0) | よその鳥さんたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

今日も鳩ネタ

と言っても、韓国の鳩の話です。

韓国で、鳩を有害野生生物に指定、なんてニュースを見つけました。
確かに韓国には、鳩がいっぱいいます(笑)
でもって、日本ほど「鳩にえさを与えないで」が徹底していないから、とりぱんし放題(笑)
かく言うきまぐれかもめも、韓国(ソウル)に行った時は、南山韓屋村の池のほとりで、鳩とスズメに食堂からくすねたパンの耳をまくのが、一日の始まりだったりするのです。

群山の公園や釜山駅前などには、立派な鳩小屋が設置されていたりして…。
カテゴリ「韓国の鳥さんたち」で、何度か韓国の鳩事情について取り上げたことがあります。

本当に韓国には鳩が多いです。
ここは釜山の龍頭山(ヨンドゥサン)公園ですが、鳩だらけ(笑)
DSC05274.JPG

韓国の英雄、李舜臣(イ・スンシン)将軍も鳩まみれ(爆)
DSC05303.JPG

足元は鳩たちの格好のくつろぎ場所になっています。
DSC05305.JPG

釜山タワーの展望台から、真下の広場を見下ろしてみると…。
真ん中の円形の中心に立っているのが李舜臣将軍像、その右あたりをじっくりと見てみると、鳩がたくさんいるのが良くわかります(←小さな点がすべて鳩)
DSC05281.JPG

もちろん釜山タワーにも鳩がたかっています(笑)
DSC05301.JPG

公園内にあるあずまやの屋根にも鳩、鳩、鳩…。
DSC05309.JPG

とにかく、どこに行っても鳩がいっぱい(笑)
釜山の駅前も我が物顔で鳩が歩き回っていました。

ちなみに、韓国ではカササギも有害生物だったみたいです(↑のリンク先のニュース参照)

こんな風に、鳩が有害生物に指定されてしまうと、韓国でも「鳩にえさを与えないで」ってことになるんでしょうね…。
まあ、もしも韓国語で「鳩にえさを与えないで」なんて看板があったとしても、きまかもは都合のいいときだけ韓国語が読めないから…(爆)
なんて、きまかもとりぱんスポットの、南山韓屋村は日本人もよく来るから、間違いなく看板には日本語表記が添えられそうな気が…。
浅草の雷門前には、日本語・英語・韓国語・中国語の4ヶ国語表記のインターナショナル版「鳩にえさを与えないで」看板があったりします。

はる:ソウルオリンピックのときの、聖火台でのハト丸焼き事件って知ってる??
あれ以来、オリンピックの開会式で本物のハトを飛ばさなくなったような気がするんだけど、気のせいかな?
DSC07014.JPG
ニックネーム きまぐれかもめ at 02:49| Comment(0) | 韓国の鳥さんたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

海月と書いて…??

くらげと読みます(笑)

毎度おなじみ、隅田川の風景。
遠くに見える橋は、隅田川の一番下流に架かる「勝鬨橋(かちどきばし)」です。
ここらは、汽水域なので、川だけど、海の生き物たちを見ることができます。
ボラはいっぱいいるし、カレイを釣って得意げに見せびらかしている釣りおじさんがいたこともありました。
隅田川の水を引きこんだ運河(月島川など)は、ハゼ釣りの名所だったりして…。
DSC06203.JPG

でもって。
隅田川を代表する(?)海の生き物と言えば、なんといってもクラゲ(笑)
川の流れに乗って、ゆらゆらとただよっています。
DSC06224.JPG

よく見かけるのはミズクラゲですが、時々赤クラゲ(猛毒…)もいたりします。
DSC06223.JPG

はる:クラゲって「水母」とも書くよね(笑)
そういえば、最近(巨大)エチゼンクラゲの話題を聞かないけど、あいつらどうなったのかな??
DSC06916.JPG
ニックネーム きまぐれかもめ at 02:27| Comment(0) | そのほかの動物たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

隅田の花火

ここは、去年の4月〜9月に放送された、NHK朝の連続テレビ小説「瞳」でおなじみの、隅田川下流域です。
別ブログ(きまぐれかもめの韓国雑記)で、朝ドラ「瞳」ロケ地を紹介していますので、興味のある方はどうぞ、とさりげなく宣伝(笑)
DSC06218.JPG

同じエリア(佃のリバーシティー21地区)を反対側から写しました。
DSC06423.JPG

そんな、隅田川の名前を冠したアジサイがあります。
その名も「隅田の花火」
夜空に咲く花火のような、華やかな雰囲気の品種です。
DSC07003.JPG

隅田川の近くで、この花を見かける率が高いのは気のせいでしょうか?
DSC07005.JPG

はる:アジサイと言えばカタツムリなんだけど、最近あまり見かけないよね〜??
DSC06910.JPG
ニックネーム きまぐれかもめ at 02:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

考える…???

東京・上野の国立西洋美術館の庭には、ロダン作「地獄の門」「考える人」があります。

地獄の門。
何か不気味…(苦笑)
DSC06953.JPG


でもって、これがかの有名な「考える人」
実物よりも拡大されています。
さらに、上野の考える人にはアレンジが加えられていて、肩に地獄からの使者である、カラスがとまったデザインになっているのです…。
DSC06948.JPG



…なんてことは真っ赤なうそ(爆)


良い読者の皆さんは信じないでくださいね〜(笑)
もっとも、こんなことを真に受けるのはきまぐれかもめくらいでしょうけど(汗)

ちょうどきまかもがここを訪れたとき、グッドタイミング(?)で、考える人の肩にカラスが一羽止っていたのでした。
これが実にはまっていまして…。
DSC06950.JPG

はる:きまかもの言うことなんて信じちゃだめだぞ〜あせあせ(飛び散る汗)
ちなみに、「考える人」って「地獄の門」の一部だ、ってこと知ってる??
一番上の写真、地獄の門の上部に、考える人が座ってて、何か悩んでいるんだよ〜。
DSC06923.JPG
ニックネーム きまぐれかもめ at 18:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

サイバンインコ

とーとつですが、「サイバンインコ」と言うインコを知っていますか?
九州で発見された、新種のインコらしいのですが…。

なんて(笑)
実はサイバンインコとは、巷で話題の裁判員制度のPRの、ゆるキャラです。
民主党代表でないほうの鳩山氏が、法務大臣時代にサイバンインコの着ぐるみ姿になったことで話題にもなりました。

きまぐれかもめは、裁判員制度について疑問を抱いています。
でも、ここでそのことについて触れると長くなるので省略(苦笑)
幸いにして(?)今年の裁判員候補には選ばれずにすみましたが、いつ呼び出し状が来るか、心配です。
まあ、裁判員候補に選ばれたからと言って、必ず裁判員になるとは限らないですけど…。

それはさておき。
裁判員制度はともかくとして、このサイバンインコは結構お気に入りのキャラクターだったりして…(笑)

サイバンインコについてはこちら→パソコンサイバンインコの部屋をどうぞ。
簡単なプロフィールと、壁紙があります(笑)

はる:きまぐれかもめみたいなトリアタマに裁判員なんてできるのかな〜??
にしても、裁判員だから「サイバンインコ」だなんて、ベタすぎ…(苦笑)
DSC06763.JPG
ニックネーム きまぐれかもめ at 18:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする